東京貿易グループ 東京貿易マテリアル株式会社-グローバルNO.1へ ホームサイトマッププライバシーポリシーEnglishChinese
Global Partner TOKYO BOEKI

PROFILE-私たちの歩み

会社概要

商  号 東京貿易マテリアル株式会社 / TOKYO BOEKI MATERIALS LTD.
本  社 〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目2番1号 京橋エドグラン28階
TEL:03-6841-8100 / FAX:03-6841-8106
設  立 2006年(平成18年)10月1日
資本金 4億円
主要取引銀行 株式会社三菱UFJ銀行本店 株式会社みずほ銀行兜町支店
株  主 東京貿易ホールディングス株式会社(100%出資) 



会社案内(冊子PDF)



経営理念

<経営理念>
社員と社員の家族が幸せになる。
働き甲斐のある職場を作り、社会に貢献する。
<VISION>
新たな価値を創造する為に、全社員が一丸となって考え、

成長し、挑戦を続ける企業となる。
<行動指針>
お客様に頼られる会社になる。
ページの先頭へ



沿革

1947年  東京貿易ホールディングス株式会社の前身である株式会社東京貿易商会を設立
1953年  中国との戦後初のバーター取引に成功、「トマス方式」を生み出し、日中貿易の先駆者となる
1954年  鉄鋼取引に進出し、八幡製鐵(現新日鐵住金)の指定輸出業者となり、鉄鋼および関連取引発展の基礎をつくる
1956年  富士製鐵(現新日鐵住金)の指定輸出業者となる
1959年  豪州B.H.P.社子会社ジョン・ライサート社向けホットコイル大量成約(日豪初の大型鉄鋼取引)、ソ連(現ロシア)モスクワに駐在員事務所を開設、これより1965年にかけて豪州シドニー、メルボルン、米国ニューヨーク、中国北京などに相次いで駐在員事務所を開設、本格的な国際化を進める
1962年  EEC(現EU)市場向け鉄鋼製品大型輸出を実現する
1966年  豪州B.H.P.社マンガン鉱石総代理権を取得、これを機に同社との強固な関係をつくり上げ、豪州市場に絶大な信頼を得る
1974年  カタールに合弁一貫製鉄所QATAR STEEL CO.,LTD.を設立し、中東ではじめての製鉄所を建設、国外立地・多国間取引に進出
1980年  豪州B.H.P.社グレゴリー炭長期輸入契約を締結
1983年  原料炭供給源の多様化に対応しカナダ・クインテット コール社へ出資
1995年  中国山東省済南市に合弁会社済南魯東耐火材料有限公司を設立して耐火物の製造・販売事業に進出、同社製品を日本鉄鋼業界に供給しコスト低減に貢献。倉敷営業所 開設
1996年  中国浙江省上虞市に合弁会社上虞東舜耐火材料有限公司を設立、耐火物事業体制を強化
1999年  豪州・クック炭鉱に出資、非微粘炭の拡大に取り組む
2001年  托馬斯貿易(上海)有限公司(現 東京貿易(中国)有限公司)を設立
2002年  托馬斯(天津)国際貿易有限公司(現 東京貿易(北京)有限公司)を設立。和歌山営業所 開設
2003年  中国・済南魯東耐火材料有限公司に川崎炉材(現品川リフラクトリーズ)が資本参加、耐火物事業を製造・販売両面で大幅に強化
2004年  福山営業所開設
2005年  製鉄用耐火レンガ事業総合化への取り組みとして、中国に当社100%出資の東京貿易(北京)有限公司設立。中国市場内で独自の取引が可能となり、耐火レンガの販売を中心に事業領域の拡大を目指す
2006年  東京貿易金属(株)、東京貿易機械(株)を新設分割により設立、「TB-G連邦経営」に移行
2007年  東京貿易グループが創立60周年を迎える。千葉営業所、京浜営業所、鹿島営業所 開設
2008年  ベトナム・ハノイ事務所開設
2009年  経営範囲の拡張に伴い、托馬斯貿易(上海)有限公司を東京貿易(中国)有限公司に改称し、中国での体制を強化
中国山西省の循環型産業チェーン総額1500億円石炭複合プロジェクトに出資
北京博瑞東貿汽車銷售服務有限公司 正式スタート。呉営業所 開設
2010年  インドネシア・ジャカルタ事務所 開設
2011年  ベトナム・ホーチミン事務所、インド・コルカタ事務所 開設
2013年  東京貿易(株)を改め東京貿易ホールディングス(株)に名称を変更し、併せて資本金を30億円に増資
北九州営業所 開設(現九州営業所)
2014年  東京貿易ホールディングスが資本金を50億円に増資
2017年  東京貿易金属(株)を改め東京貿易マテリアル(株)に社名変更し、併せて本社を八丁堀から京橋へ移転
東京貿易グループが創立70周年を迎える
ページの先頭へ



東京貿易グループ連邦経営の構成



TB-G連邦経営とは

東京貿易グループ(TB-G)は、グループ各社がそれぞれに自立発展しながらも、経営理念および価値観、そして「志」を共有し、協力できるところは協力して、グループ全体として競争力、存在感を高めグループの総合力でお客様の幅広いニーズにお応えするいわば太陽系のような経営システムです。
ページの先頭へ
TOKYO BOEKI STEEL&MATERIALS Copyright 2007 Tokyo Boeki Steel & Materials Ltd., All Rights Reserved.